ハワイのホテルでサイレンが鳴り響き全員避難

母親とハワイへ行った時の話です。母親は初ハワイ、私は3回目でした。

当時60代半ばの母親の為、奮発してビジネスクラスでの旅行でした。夜の出発でしたので機内でゆっくり休む予定でしたが、母親も私もなかなか眠れませんでした。寝不足のままハワイへ到着し、市内観光へ。眠いし暑いしで、体力的にもかなり厳しい状況でした。

市内観光が終わり、ようやくホテルへ送ってもらい部屋で一息ついていました。スーツケースを開け、荷物を出したり部屋の設備を確認したり、少し眠ろうかと思っていた矢先の事。

当時、できたばかりの「エンバシースイーツ」というホテルに泊まっていましたが、いきなりけたたましいサイレンの音が鳴り響きました。「何事か!?」とドアを開けて外をのぞくと、ほかの部屋からも顔だけ出して確認してる人がいました。そのうち、部屋にいた人たちが一斉に部屋を出て、階段へと向かって走っていきました。英語でアナウンスがあったようですが、英語が話せるわけでもないし、聞いてもわからない。とにかく母親を連れて、貴重品だけ持って同じように階段へ向かって走りました。階段は上から降りてくる人がすでに列を作って下っている状況で、これはただ事ではないと思う状況でした。母親は病気の後遺症で少し足が弱く、階段を急いで降りる事ができません。周りにいた白人の男性が気にして声をかけてくれましたが、英語もわからない為ただ「サンキュー」としか言えませんでした。確か14階くらいの部屋だったので、階段を下りるのにも相当時間がかかりました。何とか1階まで行き外に出ると、周りの人もただただ立ち尽くすだけ。今でも何が原因のサイレンだったのかわかりません。ただの避難訓練て訳でもなさそうでしたが、「エンバシースイーツ」は日本人のスタッフがいなかったので詳しく聞くこともできずモヤモヤした気分だけが心に残りました。。「英語ができたら」と痛感した出来事です。


あっ、まだ、彼氏がいない人は、在日外国人が多い『FBOMIAI』みたいなアプリを使ったほうがいいと思いますよ。(←ちょん・40才)



確かにハワイは日本語が通じるところが多く、飲食店でもメニューに写真がついていれば英語を話さなくても問題なくオーダーできます。買い物に行っても、お店の方は日本人を見ると日本語で話しかけてくれます。錯覚を起こしてしまいますが、やはり日本ではありません。海外ではどんなトラブル・アクシデントがあるかわかりませんし、誰も助けてくれないかもしれません。

知らない国・初めて行く国は魅力的です。英語ができればそれにこしたことがありませんが、その国の言語・習慣・風習など事前に調べたりするべきだと思います。日本では当たり前・当然と思う事も、海外ではやってはいけない行為だったり法律に違反する行為があるかもしれません。しかし、海外旅行に行った経験がきっと自分の糧になると、私はいつも思っています。

(いーさん・44才・静岡県)



おすすめ恋愛体験談
短期留学中、アメリカ人に英語で告白された!会うたびに「愛してるよ」。(みちる・女・24才)
ペンパルサイトで知り合ったベルギー人と2人で1週間の旅行!(masamac・女・27才)
ベルギー人の彼氏にはじめて会ったのは、外国人が集まる大阪(梅田)のバーでした。(NAO・女・35才)
恋愛体験談ネット交流海外生活
国際恋愛マニュアル