空港関係者にスーツケースの鍵を壊されお金を盗まれた話

会社の後輩とカンクン・バハマに旅行に行った時の話です。アメリカ国内での乗り継ぎで、フロリダ空港に着いた時の事です。お互いカンクン・バハマは初めてでアメリカでの乗り継ぎも慣れていない、しかも英語は話せないし聞いても理解できるレベルではありませんでした。今思うと、かなり無茶な旅行だったのかもしれません。

当時、私は海外旅行が10回目くらいで後輩は3回目くらいだったと思います。私の方が多少経験があったので、わかる範囲で注意事項やアドバイスのようなものはしていました。

旅行の行程では、フロリダ空港に到着した後、荷物を一旦受け取って乗り継ぎの手続きをするようになっていました。ターンテーブルでスーツケースを待っていると、私の方が先に流れてきました。もうしばらくしてから後輩の荷物が流れてきたので、受け取って「さあ乗り継ぎカウンターへ行こう」と思ったところ、後輩が「あれ?スーツケースがおかしい」と言っていました。

とりあえず邪魔にならないよう、隅の方に移動してよくよく聞いてみると「鍵が壊れている」と。「もしかして、最初からきちんと鍵が閉まってなかったんじゃないの?」と聞くと、「そんなはずはない」との答え。で、後輩がスーツケースの中を開けて見ると「やられた!」と言ったので、「どうした?」と聞くと、「お金がない」との事。どうやら、ちょっとだけスーツケースの中に現金(USドル)を入れていたようでした。旅行の前に「現金・カード類は絶対入れるな」と言ってたのに。


あっ、まだ、彼氏がいない人は、在日外国人が多い『FBOMIAI』みたいなアプリを使ったほうがいいと思いますよ。(←ちょん・40才)



噂には聞いていましたが、空港関係者がスーツケースの中を物色し、金目のものを抜き取ると。しかし、鍵を壊してまでとは考えもしませんでした。本来なら、航空会社にスーツケースが壊れた事を申請できるようですが、手続きが複雑かつ英語が話せないのは致命的で交渉もできません。手続きが複雑なのは、旅行中に壊れた事を実証するのが難しい為です。もしも日本の航空会社だったら交渉の余地があったかもしれません。

後輩は「盗んだ人が、その金で少しでもいい暮らしができるなら」などと言ってましたが、空港関係者として働いてるならそこそこいい給料もらってるよとツッコんでおきました。

空港関係者のほとんどの方は真面目に仕事をしてるとは思いますが、海外旅行ではこんな事もよくある話です。アメリカに関わらず、どの国にもアクシデントは付き物です。これから海外旅行に行く方は、貴重品の取り扱いに充分に気を付けて楽しい旅行をしてほしいです。荷物がきちんと手元に届いただけで、ありがたいと思う日が来るかもしれませんので。

(いーさん・44才・静岡県)



おすすめ恋愛体験談
短期留学中、アメリカ人に英語で告白された!会うたびに「愛してるよ」。(みちる・女・24才)
ペンパルサイトで知り合ったベルギー人と2人で1週間の旅行!(masamac・女・27才)
ベルギー人の彼氏にはじめて会ったのは、外国人が集まる大阪(梅田)のバーでした。(NAO・女・35才)
恋愛体験談ネット交流海外生活
国際恋愛マニュアル