ワーキングホリデーでカナダに来た日本人女性を狙う男の手口

21歳の時、ワーキングホリデーでカナダに行きました。留学エージェントさんで散々「日本人女性を狙った異性トラブルには気を付けて!」と言われていたのに、うっかり引っかかってしまいました。

まだ到着して一週間も経たない頃、公園でカナダ人男性に「写真のシャッターを押してほしい」と声をかけられました。そのまま「日本から来たの?僕詳しいよ!」と話が盛り上がり、つい最近ワーキングホリデーで来たことを明かすと、某コーヒーチェーンで管理職をしているので面接に来ないかと言われました。(先日鳥取にオープンした有名店です)後日お店に面接に行くと、「別の場所で話そう」と近所のバーに連れていかれました。様子を見ていると彼の携帯が3台(!)ひっきりなしに鳴っていて、話の相手もどうやら日本人の女の子のようでした。しかも複数の名前を使い分けていました。そして、「面接でカナダ人に勝つには、英語の練習が必要だ。僕の家で練習しよう」と言ってきました。さらに、「君を18人目の彼女にしたい」と・・・。すぐに逃げ帰り、ホストマザーに事の顛末を話すと、怒ってコーヒーチェーンにクレームの電話を入れてくれました。管理職というのは嘘だったようで、私にも偽名を使っていたようです。


あっ、まだ、彼氏がいない人は、在日外国人が多い『FBOMIAI』みたいなアプリを使ったほうがいいと思いますよ。(←ちょん・40才)



そして半年後、ランゲージエクスチェンジ(カナダ人と日本人がそれぞれ英語・日本語を教えあう)の集まりに行ったとき、笑い話として女の子達にこの話をすると・・・「私も知ってる!」と言った人の多いこと。みんなカナダに到着して1週間前後で出会ったようです。新しく来たばかりの、右も左もわからない日本人女性をかぎ分ける能力は天才的ですね。

これから留学する人は、写真や仕事を口実に声をかけられても絶対についていかないように気を付けてください。今になると「なんでついて行ったんだろう?」と思いますが、あの時は異国の地で働くチャンスがやってきたと思い込んでしまいました。ちなみに他に出会ったカナダ人はいい人ばかりでした!

(まるまる・28才・大阪府)



おすすめ恋愛体験談
短期留学中、アメリカ人に英語で告白された!会うたびに「愛してるよ」。(みちる・女・24才)
ペンパルサイトで知り合ったベルギー人と2人で1週間の旅行!(masamac・女・27才)
ベルギー人の彼氏にはじめて会ったのは、外国人が集まる大阪(梅田)のバーでした。(NAO・女・35才)
恋愛体験談ネット交流海外生活
国際恋愛マニュアル