マレーシア人男性のストレートな愛情表現

元々外国に憧れがありましたが、外国語とは無縁の生活を送っていました。仕事もごく一般的な事務職で、外国語に触れる機会もありません。外国語のスクールにも通おうと思ったのですが、外国語を使うシチュエーションが具体的に浮かばず、中学生レベルの英語力しかありませんでした。
そんな時に友人とマレーシアのペナン島に旅行に行くことになりました。物価が安いので日本人のスタッフが常駐する少々高めのホテルを予約して、何の不安も無くいざ飛行機に。
その飛行機で隣り合わせたのが、マレーシア人の兄弟でした。あちらから英語で話かけられるも、なんとなく内容が分かる程度。友人は興味が無いのか早々に目を瞑ってお休みモードになってしまい、一人で必死に会話をしていました。兄の方が外科医、弟の方が歯科医で、日本に旅行に着てこの飛行機でクアラルンプールに帰るということが伝わりました。
「日本ではどこに行ったの?」と拙い英語で隣にいた弟(私と同い年)に聞くと、写真を見せながら説明してくれました。私が英語が苦手だと冊子、ハテナマークを浮かべると簡単な表現に変えてもう一度言ってくれ、忍耐強く優しい人だと思いました。
そして気付けばあっという間にクアラルンプールに到着。私と友人はそこからまた乗り換えてペナン島に行くので、空港でお別れすることになりました。その際に彼(弟の方)からFacebookのアカウントとメールアドレスを聞かれました。


あっ、まだ、彼氏がいない人は、在日外国人が多い『FBOMIAI』みたいなアプリを使ったほうがいいと思いますよ。(←ちょん・40才)



ホテルに着いてWi-Fiが繋がり、とりあえずメールを送ってみたら、翌日彼は私たちが滞在するペナン島に着て、色々な場所を案内してくれました。また予定にはなかったのですが、クラルンプールにも招待され、食事から観光から何から何までお世話をしてくれたんです。
ちょっと強引だなと思いつつも、日本人男性にはない積極性と、上手く言葉でコミュニケーションをとれないのにお互いの言いたいことが分かるという不思議な感覚に陥り、それをきっかけに付き合うことになりました。

帰国してから私は英語を、彼は日本語を勉強し、英語と日本語が入り混じるコミュニケーションと取りながらお互いの理解を更に深めていきました。
彼は頭が良いのですぐに日本語をマスターし、仕事で日本に来てくれるようになり、直接コミュニケーションを取る頻度が増え、彼のストレートな愛情表現に時に驚きながらも更に彼を好きになりました。100本の薔薇を持って会いにくるなんて、絶対に日本人男性はしてくれません。
ただ、彼は厳格なイスラム教なので、私が普通だと思っている服装を「露出しすぎ」だとか「他の男の気をひかないでくれ」と言われることがあり、そこは文化の違いを感じました。
彼と会う時は夏でもなるべく肌を露出しないようにするのが少し大変だなと思います。
彼とは結婚を前提に付き合っていますが、結婚したら私もイスラム教に改宗するので、今から色々と勉強中です。今はイスラム教に関する誤解も多いので、どうやって両親に伝えようか考え中です。

(さやか・25才・東京都)



おすすめ恋愛体験談
短期留学中、アメリカ人に英語で告白された!会うたびに「愛してるよ」。(みちる・女・24才)
ペンパルサイトで知り合ったベルギー人と2人で1週間の旅行!(masamac・女・27才)
ベルギー人の彼氏にはじめて会ったのは、外国人が集まる大阪(梅田)のバーでした。(NAO・女・35才)
恋愛体験談ネット交流海外生活
国際恋愛マニュアル