カナダ、バンクーバーのホストファミリーはフィリピン出身の移民だった!(カナダファン・女・40才)

高校卒業後、初めての海外生活を迎えた地がバンクーバー、カナダでした。
高校時代は英語教室に通っていたので、生の英語に触れる機会がなかったわけではありませんが、やはり現地に一人で行くとなるとどきどきでした。
そんなわけで、安心感があるホームステイという形をとることになりました。
幸いホストファミリーにも恵まれ、(フィリピン出身の移民の家族でしたので、英語は完璧でしたし、食事も口にあいました。また日本人に理解があって陽気な家族で楽しくホームステイさせていただきました。)

バンクーバーという観光地に住む機会があったため、語学学校だけではなく金曜日の午後から出かける人はサインアップするように、学校が企画してくれていたり、交通網がとても発達してい、フェリー、電車、バスを乗り継ぎいろいろな観光名所を自分自身で回ることができ、車がなくても楽しく生活することができました。
さて、その反面英語の勉強はやはり遊び感覚の部分が多く、私の場合は英語を本当に勉強したのは、カナダの後に留学したアメリカの田舎町でした。


あっ、まだ、彼氏がいない人は、在日外国人が多い『FBOMIAI』みたいなアプリを使ったほうがいいと思いますよ。(←ちょん・40才)



しかし、初めての英語圏でとにかく楽しい毎日を経験したい+英語が学べる環境があったら最高と思うのでしたら理想的な町かと思われます。
語学学校にはメキシコ人の人が多かったのですが、ホームステイのホストファミリーの元には私以外に、メキシコ出身のマイラがいました。
彼女は、底抜けに明るく踊りが上手で、少しホームシック気味の私に、 Love yourselfといって彼女の指を唇に押し当てその指を彼女のほっぺにあてて、自分にキスをする I love me!元気になるおまじないのようなものを教えてくれました。あの明るさ、太陽のようなマイラに出会えたことが忘れられないカナダでのいい経験になりました。

(カナダファン・女・40才)



おすすめ恋愛体験談
短期留学中、アメリカ人に英語で告白された!会うたびに「愛してるよ」。(みちる・女・24才)
ペンパルサイトで知り合ったベルギー人と2人で1週間の旅行!(masamac・女・27才)
ベルギー人の彼氏にはじめて会ったのは、外国人が集まる大阪(梅田)のバーでした。(NAO・女・35才)
恋愛体験談ネット交流海外生活
国際恋愛マニュアル