フィリピンのワーキングホリデーに参加しました。フィリピンは英語圏で渡航費が安く・・・(アロエ・女・21才)

大学二年生の夏休みの一ヶ月間、何か人生における特別な経験をしたいとおもい、フィリピンのワーキングホリデーに参加しました。このワーキングホリデーは大学生のボランティアサークルが中心に参加するツアーなので、大学生の私には行きやすいツアーでした。このようなボランティアサークルが参加するツアーはたくさんありましたが、フィリピンは比較的渡航費が安く物価も安いので、学生でもお金を少し貯めれば手頃に海外ワーキングホリデーに参加することができます。また、フィリピンは英語圏なので、英語を学びたいと思っている人にもちょうど良く、現地の言葉をきいて学べるチャンスにもなったので、フィリピンのワーキングホリデーに参加しました。


あっ、まだ、彼氏がいない人は、在日外国人が多い『FBOMIAI』みたいなアプリを使ったほうがいいと思いますよ。(←ちょん・40才)



フィリピンではセブ島の孤児院にホームステイさせてもらい子ども達と一緒に過ごしました。セブ島の子ども達は、私たちのホームステイをとても喜んでくれて、素敵な笑顔と共に歓迎してくれました。言葉もうまく伝わらない私たちに一生懸命自己紹介してくれて、とても嬉しかったです。最初はコミュニケーションもぎこちなかったですが、子ども達のお世話をしながら家事や遊びなどをしていくうちにだんだん打ち解けてきて、とても仲良しになることができました。子ども達はドッチボールなどのボール遊びがとても好きで、へろへろになるまで一緒に遊びました。最後に別れるときはとても寂しく、子ども達も寂しがっていました。最後に子どもたちが歌を歌ってくれたときは、泣いてしまいました。

子ども達と楽しく過ごし、あっという間に過ぎていった一ヶ月は、とても刺激になりました。子ども達は親を失っても強く明るく生きていて、逆にパワーをもらってしまった気がします。海外でも日本でも、仲良くなればみんな一緒なんだと心から感じ、優しく強い気持ちを教えてもらったワーキングホリデーになりました。

(アロエ・女・21才)



おすすめ恋愛体験談
短期留学中、アメリカ人に英語で告白された!会うたびに「愛してるよ」。(みちる・女・24才)
ペンパルサイトで知り合ったベルギー人と2人で1週間の旅行!(masamac・女・27才)
ベルギー人の彼氏にはじめて会ったのは、外国人が集まる大阪(梅田)のバーでした。(NAO・女・35才)
恋愛体験談ネット交流海外生活
国際恋愛マニュアル