国際交流センターという、自治体が運営している施設について(mimic・女・36才)

私の住んでいる家の近くに国際交流センターという、自治体が運営している施設があります。そこは、この町に住んでいる外国人、または旅行者のために情報提供などを数か国語で案内しています。以前から気にはなっていたけれど、英語もろくに話せない私にはなかなか訪れる機会のある場所ではありませんでした。
しかし、留学軽軽のある幼馴染がそこで職員として働き始め、また彼女がインドネシア協会の担当になったことから、新しく日本人向けのインドネシア語講座を始めるということで、初めて語学教室に通うことになりました。
予想以上に参加者はいて、またなじみのない語学ということで、皆楽しんで、和気あいあいと学んでいました。また毎回来られるインドネシア留学生の講師の方たちと交流を持つようになり、私の中での偏見にも似た気持ちに気づき、それを改めさせられました。
それまで、語学といえば英語、明らかに私たち日本人とちがう欧米人のような人たちを外国人と意識していたように思います。が、同じアジア人で、言葉というより、音に近い耳慣れないインドネシア語を学んでいく過程で、文化だったり人だったりを新しく知ることで、目が覚めた感じがしました。
一番驚いたのは、講師の方々は大体がトリリンガルであることでした。(彼女たちは私達日本人の多くが日本語のみしか扱えないことにも驚いていました。)先生の話には、特に東南アジアの国の人はバイリンガル、トリリンガルは結構たくさん、普通にいるともありました。
日本にいて、日本人が圧倒的多数だから他の語学は必要ないのだけど、それじゃ全然勝負にならないなと、痛感しました。逆に日本以外では通用しないし、友達も作れないことにもがっかりしました。
私のインドネシア語はまだまだだけど、どんな形であれ、色んな人とコミュニケーションが取れるようになれるまで、勉強はずっと続けたいと思っています。


あっ、まだ、彼氏がいない人は、在日外国人が多い『FBOMIAI』みたいなアプリを使ったほうがいいと思いますよ。(←ちょん・40才)



(mimic・女・36才)



おすすめ恋愛体験談
短期留学中、アメリカ人に英語で告白された!会うたびに「愛してるよ」。(みちる・女・24才)
ペンパルサイトで知り合ったベルギー人と2人で1週間の旅行!(masamac・女・27才)
ベルギー人の彼氏にはじめて会ったのは、外国人が集まる大阪(梅田)のバーでした。(NAO・女・35才)
恋愛体験談ネット交流海外生活
国際恋愛マニュアル