演劇やフィジカルワークを学ぼうと、28歳のときにロンドンに留学!(マッシュボーン・女・42才)

演劇やフィジカルワークを学ぼうと、28歳のときにロンドンに留学しました。最初のころ、私の会話力は旅行会話ていどでしたが、ダンスやマイムのクラスでは、身体をとおしてのコミュニケーションが重視されるので、日本にいるときより自分の身体がリラックスしているのを感じることができました。
当時はま日本人をはじめアジア系の留学生が少なく、イギリス、イタリア、スペインなど国籍混合のコンテンポラリーダンスチームに誘われて舞台に立つことに。特に、ドイツ人ダンサーのマイカと仲良くなりました。マイカには身体の不自由な弟さんがいて、日頃から彼女が面倒をみていました。私の下手な英語をいつも最後までちゃんと聞いてくれて、気持ちを察してくれるとてもやさしい女の子でした。


あっ、まだ、彼氏がいない人は、在日外国人が多い『FBOMIAI』みたいなアプリを使ったほうがいいと思いますよ。(←ちょん・40才)



あるとき、友達のダンサーがフランスへ遠征してくることになり、私はいてもたってもいられず、マイカを誘って舞台をみに行くことにしました。けれど、お金のない貧乏パフォーマーの私たちですからできるだけお金を節約しなければなりません。幸いマイカはフランスに住んでいた経験があり、お友達も住んでいました。パリの瀟洒なアパルトマンに泊めてもらい、現地のダンススクールでレッスンを受け、パフォーマンスを観、ポンピドゥーやルーブル美術館を巡る夢のようなひと時。季節は夏で、夜22時くらいまで外は昼間のように明るいので、いつも夕飯はマルシェで仕入れたオリーブ、チーズ、バゲット、白ワインを抱えて公園に出向き、寝転んで乾杯です。今日のレッスンのこと、観たパフォーマンスや現代アートのこと、美味しいワインの見分け方のことなどについていつまでもマイカと語り合いました。

帰国後は疎遠になってしまいましたが、いまもパフォーマンスを続けている私にとって、マイカと観た芸術の数々や彼女のやさしい相槌の声はいまもこころから離れることはありません。

(マッシュボーン・女・42才)



おすすめ恋愛体験談
短期留学中、アメリカ人に英語で告白された!会うたびに「愛してるよ」。(みちる・女・24才)
ペンパルサイトで知り合ったベルギー人と2人で1週間の旅行!(masamac・女・27才)
ベルギー人の彼氏にはじめて会ったのは、外国人が集まる大阪(梅田)のバーでした。(NAO・女・35才)
恋愛体験談ネット交流海外生活
国際恋愛マニュアル