フランス語など花形ではなく少しマニアックな言語、ドイツ語とロシア語を候補に挙げ…(ライドン・女・29才)

「英語はみんな話せる」それがドイツ語を勉強し始めたきっかけでした。英語でなければ何でもよかったのですが、フランス語など花形ではなく少しマニアックな言語、ドイツ語とロシア語を候補に挙げ、たまたまドイツ人のペンパルが出来たからドイツ語を選択しました。

苦労した点は英語以上に聞ける人がいない為、高校生の時にドイツ語の教科書を買いましたが、文法の意味がわからず断念したことです。大学でドイツ語を専攻して授業を受講するようになると理解出来るようになりました。ドイツ語は非常に英語に似ている為、第二言語としては身につきやすい言語です。英語と違って必ず読めるので、ストレスはありません。単語にある性別は単語と共に覚え、地道に書いて聞いて少しずつ覚えていきました。文法は英語と概念が異なり戸惑いましたが、英語と違い、とても規則正しく、基本がわかれば何となく読めるようになるので、やりがいはありました。


あっ、まだ、彼氏がいない人は、在日外国人が多い『FBOMIAI』みたいなアプリを使ったほうがいいと思いますよ。(←ちょん・40才)



ドイツにペンパルがいた為、高校の時は拙い英語で交わしていた手紙が少しずつドイツ語になり、スイスに留学が決まった際にはホームステイまでさせてもらえるようになりました。改まった手紙の書き方や方言のことなど、授業では教わらないようなことを手紙やホームステイを通じ学べたので、自分のドイツ語の成長も感じつつ、学ぶ意欲が膨らみました。留学先のスイスでは現地の人と同じように大学に通いドイツ語で言語学を勉強しました。分厚い言語学の本を読み理解して、最終的にゼミの単位を取得することができました。現在、ドイツ語に関係する仕事には就いていませんが、スイスで仲良くなった友人との交流はまだ続いているので、またドイツ語で会話できるように語学力を維持し続けたいと思っています。

(ライドン・女・29才)



おすすめ恋愛体験談
短期留学中、アメリカ人に英語で告白された!会うたびに「愛してるよ」。(みちる・女・24才)
ペンパルサイトで知り合ったベルギー人と2人で1週間の旅行!(masamac・女・27才)
ベルギー人の彼氏にはじめて会ったのは、外国人が集まる大阪(梅田)のバーでした。(NAO・女・35才)
恋愛体験談ネット交流海外生活
国際恋愛マニュアル