海外では割り勘が当たり前?アメリカ人男性と食事をした際のお会計は必ず割り勘でした。(あやの・女・30才)

私は以前、アメリカ人の男性と国際恋愛をしていました。出会ったきっかけは、当時勤務していた会社で研修があった際に出会いました。私の会社は国内の一般企業ですが、グローバル化に力を入れており、外国人の方も本社には沢山いらっしゃいました。研修で会った際、連絡先を交換していたので、その後メールで連絡を取り合う日々が続きました。ある日、会社帰りに食事に行かないかと誘われ、一緒にレストランに行きました。その際告白をされ、私も彼のことが気になっていたので了承しました。

デートは、訪れる場所などは日本人の方とあまり変わりませんでしたが、食事をした際のお会計は必ず割り勘でした。一度それに対して少し不満を言ったことがあったのですが、海外では割り勘が当たり前とのことでした。また、最も文化の違いを感じたエピソードとしては、結婚しても女性は働くものと考えていたことだと思います。私は結婚したら専業主婦になりたいと当時は考えていたのですが、海外では共働きが当たり前だそうで、専業主婦の方は殆どいないそうです。その点で揉めたことも度々ありました。


あっ、まだ、彼氏がいない人は、在日外国人が多い『FBOMIAI』みたいなアプリを使ったほうがいいと思いますよ。(←ちょん・40才)



勿論、彼とお付き合いしている間は、楽しいこともありました。アメリカ人だからなのか、恋愛に関して恥ずかしいということがないようで、人前でも堂々と手をつないできたり、好きだよと言ってきたりしました。日本人の男性では恥ずかしがるところが、そういったところがないので、愛情表現がストレートだったと思います。彼は日本語を話すことが出来たので、外国語を教えてもらったことはあまりありませんでしたが、彼の友人と一緒に遊ぶときなどは皆さん英語でしたので、私も自然と英語の勉強になっていたと思います。

国際恋愛は、文化の壁などもあり、大変なことも多いと思います。しかし、海外の方は愛情にストレートなので、豊かな恋愛を育むことが出来ると思います。実際私の周りの友人で、国際結婚されている方を数名知っていますが、皆さん幸せそうです。国際恋愛で悩んでいる方がいらっしゃれば、是非一度されてみても良いと私は思います。

(あやの・女・30才)



おすすめ恋愛体験談
短期留学中、アメリカ人に英語で告白された!会うたびに「愛してるよ」。(みちる・女・24才)
ペンパルサイトで知り合ったベルギー人と2人で1週間の旅行!(masamac・女・27才)
ベルギー人の彼氏にはじめて会ったのは、外国人が集まる大阪(梅田)のバーでした。(NAO・女・35才)
恋愛体験談ネット交流海外生活
国際恋愛マニュアル