免税店のアルバイトで知り合った中国人の彼氏は紳士だった。(lisa・女・27才)

3年間アルバイトしていたところが免税店だったため、お客様はもちろんスタッフも外国人が多かった。
そんな中でも、中国人のスタッフばかりで偏見から中国人が苦手だった私が意外にも歳が近い人が多かったため、すぐに仲良くなれた。
またまったく中国語がわからなかったので通訳をしてくれるスタッフの人がいて入ったばかりで何もわからない私をいつも助けてくれた。
中国人はお酒が好きで強いということから飲みに連れて行ってくれたのがすべてのきっかけだった。
最初は仲がいい3人だけで行き、店内の噂話などで話が
盛り上がった。もちろん、2人とも私がわかるようにと日本語で
話してくれていた。完璧じゃなく、片言で私もわかりやすいように話していた。
そんな飲み会が2~3度続いていた。
いつも通り通訳をしてもらったあと、暇な時間ができたので雑談をしていたら「今日空いてる?2人で飲みにいこう」と言われ、初めて2人だけで飲みにいった。
3人でいるときとは違った雰囲気で、美味しい中華料理に連れて行ってくれた。
中国人しかほぼいない中華料理で、日本人だけなら入れないような場所だったが飲み物を頼むとき、その都度、言葉や発音を教えてもらっていたため店員さんからも喜ばれることも。
その夜、中国語で告白をされて、そのまま付き合うことに。


あっ、まだ、彼氏がいない人は、在日外国人が多い『FBOMIAI』みたいなアプリを使ったほうがいいと思いますよ。(←ちょん・40才)



そんな彼は、デートにいくと必ず支払いをしてくれた。
日本人とは違い、絶対に女には出させないという文化らしい。
デートは飲みにいく以外は、家でまったりすることが多く
家でのご飯は、私が作るものは美味しいとなんでも食べてくれていたが
彼が作ってくれるのは基本中華料理。
一時期、ピーマンにハマッていた私はチンジャオロースの作り方を教えてもらった。
日本の中華は少し味付けが違うようで、オイスターソースなんか入れないとのこと。
揚げ物をするんじゃないかというぐらい油を使い、味付けは味の素ばかりだった。
でも、そんなご飯も彼が作ると美味しく感じ、ぶくぶく太っていった。
彼はとても優しく、太っても可愛いといってくれて、なんでもストレートに物を言う。

愛情表現がない日本人とは違っていて、紳士なのは欧米人だけだと思っていたが、ただの勘違いだった。
喧嘩すると、大声になるのがたまにネックだがそれ以外は常に優しい。
あと片言で話す日本語が可愛くてしょうがないと思う。
私自身は、中国語を勉強することはその場限りで覚えることはなかったが、彼がおかしい日本語の場合だと正してあげる。
わかりにくいときは、わかりやすい日本語で話す。
言葉や文化の違いも、笑顔で話せば分かり合えると感じた。

(lisa・女・27才)



おすすめ恋愛体験談
短期留学中、アメリカ人に英語で告白された!会うたびに「愛してるよ」。(みちる・女・24才)
ペンパルサイトで知り合ったベルギー人と2人で1週間の旅行!(masamac・女・27才)
ベルギー人の彼氏にはじめて会ったのは、外国人が集まる大阪(梅田)のバーでした。(NAO・女・35才)
恋愛体験談ネット交流海外生活
国際恋愛マニュアル