メキシコ人の彼氏に出会ったのはバーベキューパーティーでした。(R13・女・32才)

彼と出会ったのは、私の家の同居人だった日本人の女の子が、その友達のメキシコ人の男の子にバーベキューパーティーに誘われて、私は同居人の連れで、彼は、メキシコ人の男の子の連れでその場に連れてこられたのがきっかけです。
お互いビールが好きで、ビールの話ばかりしていました。

そこでは連絡先交換すらせず、そのまま終わり、後日偶然ライブに行った際に出会いました。
その時にもチョット話し、友達づたいで連絡先を聞かれ、その後はスペイン語レベルを上げるために2人で会うようになり、いつだったか「彼女になって欲しい」と言われました。

私達のデートは、とにかくいつもビールが絡み、毎週末どこかしらで飲んでいました。
ダウンタウンに飲みにったり、お互いの家で飲んだり、パーティーに行ったり、そういうことが本当に楽しかったです。

そうした生活の中で、特に違いは感じなかったのですが、やっぱり外国人ですから、自分の非がある時以外は絶対に謝りません。私が軽い気持ちで「ごめん」というと、「何で?何でごめんなの?何したの?」と追及され、「謝ることは軽い気持ちで外国人はしないのか」と改めて感じました。


あっ、まだ、彼氏がいない人は、在日外国人が多い『FBOMIAI』みたいなアプリを使ったほうがいいと思いますよ。(←ちょん・40才)



そして、彼と付き合って分かったのが、絶対に彼は女性にお金を出させませんし、ドアもあける、何でもやって彼女の為にやってあげたいというレディファーストでした。
メキシコがマッチョ(男性優位)の考えなので、特にこの部分は強いです。
でも、引っ張って欲しい女性にはとても男性らしく感じてこの習慣は素敵だと思います。

彼と付き合って、かなりメキシコ独特のスラングを覚えることができました。
だからこそ、仕事でメキシコ人同僚同士が話していることも理解できましたし、スラングが使えると、同僚にも面白いと思われて、仕事がやりやすくなるので、これは本当に彼のお陰だなと思っています。
また、こんな時には絶対こういう言葉を使ってはいけないと言う事も教えてもらったり、言葉に関する文化も学びました。
結婚した今でも、いまだにそれは学ばせてもらってます。

(R13・女・32才)



おすすめ恋愛体験談
短期留学中、アメリカ人に英語で告白された!会うたびに「愛してるよ」。(みちる・女・24才)
ペンパルサイトで知り合ったベルギー人と2人で1週間の旅行!(masamac・女・27才)
ベルギー人の彼氏にはじめて会ったのは、外国人が集まる大阪(梅田)のバーでした。(NAO・女・35才)
恋愛体験談ネット交流海外生活
国際恋愛マニュアル