地元の駅であった陽気なアメリカ人カップルと住所を交換しあい・・・(はなくろ・女・40才)

昨年、地元の駅で外国人のカップルに話しかけられたことがあります。あきらかに観光客と思われるいでたちです。路線図の前でなにあら悩んでいる様子でした。私は「こんな田舎に珍しいな」くらいの気持ちでちょっと遠巻きに彼らの様子を見ていました。するとカップルの男性が私に気づき、話しかけてきたのです。
「すみません、教えてほしいことがあるのですが…」
もちろん英語でした。しかし私は英語に触れる機会などめったにない生活を送っており、戸惑いのあまり返事ができません。かまわずに彼は話をつづけます。
「京都に行きたいんですが、ここから直通で行けますか?」
質問の意味はわかりました。答えも知っています。ですが
「大阪で乗り換えが必要ですよ」
と教えてあげるだけの語彙がありませんでした。身振り手振りで伝えようとしましたが、うまくいきません。こんなときに限って駅員さんも誰も通りかからないのです。
電車の時刻も迫っていましたし、偶然私の行先も京都でした。ですので
「私も京都へ行くところです。一緒に行きましょう」
それだけはなんとか伝わりました。私は3人分の切符を買い、同じ電車に乗り込みました。


あっ、まだ、彼氏がいない人は、在日外国人が多い『FBOMIAI』みたいなアプリを使ったほうがいいと思いますよ。(←ちょん・40才)



京都まで1時間近くかかりました。彼らは陽気なアメリカ人で、たくさん話をしてくれました。といっても、半分くらいしか分からなかったのですが。それでも、彼らがとても日本を愛していることや、長い時間をかけて各地をまわっていること、私たちは3人とも年齢が近いことがわかりました。それから「電車を乗り換える」という英語も教わりました。

英語を話せるようになればどんなに楽しいだろうと、このときほど実感したことはありません。彼らは本当に良い人たちで、笑顔でどんどん喋りかけてくれました。こんなに楽しいのに、こんなに彼らのことが知りたいのに、何を言っているのかわからないなんて!

京都へ着いたときにはアメリカ人のカップルとすっかり友達になっていました。互いの住所を交換しあい、別れました。「来年もう一度日本に来るから、また会おう」と約束をして。次に彼らに会う時にはちゃんと英語を話せるようになろうと決心しました。

(はなくろ・女・40才)



おすすめ恋愛体験談
短期留学中、アメリカ人に英語で告白された!会うたびに「愛してるよ」。(みちる・女・24才)
ペンパルサイトで知り合ったベルギー人と2人で1週間の旅行!(masamac・女・27才)
ベルギー人の彼氏にはじめて会ったのは、外国人が集まる大阪(梅田)のバーでした。(NAO・女・35才)
恋愛体験談ネット交流海外生活
国際恋愛マニュアル