職場のアメリカ人女性の発言「プライベートの時間のメールはイヤだ!」(mike・女・50才)

アメリカ人のとってもチャーミングな女性が、職場に居ました。翻訳を担当していた彼女は、とても気さくで、職場の飲み会にも無理のない範囲で参加し、時には二次会のカラオケにも参加してくれました。みんな彼女の事が大好きでした。

日本語もとても上手で、彼氏は関西人との事でした。控えめで、人の話を良く聞いてくれる彼女は、私のアメリカ人の印象を随分塗り替えました。アメリカ人にも色んなタイプの人がいるんだなと実感させられました。彼女は日本が大好きでした。

でも、自分の時間を大切にするという点は、やはりアメリカ人ならではの考えを持っていました。特に友人同士であっても、プライベートの時間を削って、メールのやり取りに縛られるような事は、イヤだと言っていたのが印象的でした。


あっ、まだ、彼氏がいない人は、在日外国人が多い『FBOMIAI』みたいなアプリを使ったほうがいいと思いますよ。(←ちょん・40才)



あまり否定的な発言をする人ではなかったので、彼女の本当に大切にしている思いだったのでしょう。また、日本人以上に、日本の文化が好きでした。丁度、中国の旅行から帰ってきた同僚の写真をみんなで見ていた時の事です。沢山のスナップの中でも、古い町並みの残る写真がとてもきれいで、この写真いいよね・・等と話をしていました。黙って聞いていた彼女が、日本もそうなのよ。私、下町とか大好き。と言ってくれました。

どうしても、西洋文化に憧れてしまう風潮があるのでしょうか。どこも、小洒落た街並みになってしまうなか、下町の風景を大切に思ってくれる外国人がいる。何だか、嬉しさと、恥ずかしさを感じたのを覚えています。震災後、アメリカのご両親がとても心配し、説得しきれず日本を後にした彼女ですが、あんな素敵な女性に会えた事を嬉しく思います。

(mike・女・50才)



おすすめ恋愛体験談
短期留学中、アメリカ人に英語で告白された!会うたびに「愛してるよ」。(みちる・女・24才)
ペンパルサイトで知り合ったベルギー人と2人で1週間の旅行!(masamac・女・27才)
ベルギー人の彼氏にはじめて会ったのは、外国人が集まる大阪(梅田)のバーでした。(NAO・女・35才)
恋愛体験談ネット交流海外生活
国際恋愛マニュアル