イギリスでホームステイ!色んな国籍の学生を受け入れしているおうちで・・・(nikomi・女・29才)

私は学生時代、語学留学のために、知り合いが利用した会社を経由して、同じ語学学校へ通い、イギリスでホームステイをすることになりました。

ホームステイ先は2種類経験しました。1つ目は、OLさんの一人住まいのおうちで、しかもダイエット中というおもしろいホームステイ先でした。OLさんであるため、普段は帰りも遅く、ご飯は全てわたしの自由でした。冷蔵庫も好きに使わせてくれて、「ここに入っているものは好きにしていいわ。でもダイエット食品ばかりだから美味しくはないかも」とのことでした。その方は普段家にいないのですが、休みの日や、仕事から早く帰ってきた日は私をリビングに呼んでよく話してくれたり、近くの公園へ連れて行ってくれたりしました。ただ、周りの同じようにホームステイしている友人に話を聞くと、色んな国籍のホームステイしている人が集まったステイ先もあるとのことで、その場合夕ご飯も皆で一緒に食べ、英会話の練習になるとのことでした。学校へ相談し、ステイ先を変えてもらうことにしました。


あっ、まだ、彼氏がいない人は、在日外国人が多い『FBOMIAI』みたいなアプリを使ったほうがいいと思いますよ。(←ちょん・40才)



そのOLさんとはとてもいい関係が続いていて、今でも時々手紙をやりとりする仲です。

2つ目のステイ先は夫婦が色んな国籍の学生を受け入れしているおうちで、廊下もキッチンも食卓も常に誰かがいる、ご飯はみんなそろって一緒に食べる、という感じだったので、かなり英語力が鍛えられましたし、休みの日に一緒に出かける友人もできました。フランスやドイツの人たちも多く、そこでヨーロッパの人たちの話す英語がすごくなまっていることも実感しましたし、間違っていても彼らのように堂々と英語を自分から話していく積極性が必要で、インプットするだけでなくアウトプットする必要性も実感しました。学校でも体調を崩して倒れて保健室へ運ばれたりしましたが、そこで色んな方に親切にして頂いて、言葉が多少通じなくても伝わる心の温かみは嬉しかったですし、むしろ、そういうピンチな場面でこそ、伝えなきゃと必死で覚えた英語は自分のものになりました。

(nikomi・女・29才)



おすすめ恋愛体験談
短期留学中、アメリカ人に英語で告白された!会うたびに「愛してるよ」。(みちる・女・24才)
ペンパルサイトで知り合ったベルギー人と2人で1週間の旅行!(masamac・女・27才)
ベルギー人の彼氏にはじめて会ったのは、外国人が集まる大阪(梅田)のバーでした。(NAO・女・35才)
恋愛体験談ネット交流海外生活
国際恋愛マニュアル