上海転勤※KTV(キャバクラ)で中国人の彼女ができたぁ!

2009年9月、中国上海に転勤になりました。

翌年に開催を控えた「上海万博」のあるプロジェクトのプロデューサーとしての勤務です。

当初は、家族での赴任も考えましたが、子供の学校や生活を考えて、単身赴任での勤務です。当初は、中国に対してそれほど良いイメージを持っておりませんでした。

実際に生活してみると。、上海という国際社会に開かれた都市でしたので、日本のメディアで報道されているようなことはほんのごくわずかで、全く想像していた生活と違っていました。

なにより、自分自身でも驚くくらい中国での生活にアレルギーがなく、逆に日本での生活より快適さを感じました。そうなると断然仕事も楽しいですし、仕事以外の時間の方が多いわけですから、もっと楽しい生活を望むようになりました。

それには、「言葉」を話して、聞いて、理解できるコミュニケーションが必要であると強く感じるようになり、語学学校に通い始めました。しかし、そこでは全く中国語が上達しません。

仕事上で知り合ったある日本人に相談したところ、語学上達には彼女を作るのが最も近道だと教えられ、ちょうどそのとき、KTV(いわゆる日本人向けキャバクラ)へも、一人で通うようになった時期も重なり。


あっ、まだ、彼氏がいない人は、在日外国人が多い『FBOMIAI』みたいなアプリを使ったほうがいいと思いますよ。(←ちょん・40才)



源氏名「ゆうな」ちゃんと非常に親しくなり、同伴から、お互いの家を行き来するような関係になるまで、それほど時間はかかりませんでした。「ゆうな」も日本語は非常にうまく、お互い勉強を兼ねて、中国語、日本語を織り交ぜながらの交際を重ねました。おかげで、私の中国はみるみる上達し、他のKTVでもあっという間に、大人気になるようになりました。実際、KTVで働いている女の子たちも、日本語の上達を望んでいるので、中国語が話せる日本人と仲良くなりたいと思っていますので、容姿は関係なく、中国語が話せる私は、どこの店でも、もてました。

どんなにかっこいい日本人の若い男性でもやはり会話がなりたたなければ、愛情表現や意思疎通ができないため、恋愛まで発展しません。やっぱり、「語学力」がなりより大切です。異国の方と付き合いたいなら、まずは「語学」を習得することです。「語学」を習得するためには、「日本語」に興味がある異性と付き合うのが最も近道です。今、国際社会が騒がしいですが、その通訳あってんの?って思う今日このごろです。やはり、自分の耳で聞いて、自分で理解する。これが国際社会でのコミュニケーションです。恋愛も同じことです。通訳を入れていては、成り立ちませんよ。



おすすめ恋愛体験談
短期留学中、アメリカ人に英語で告白された!会うたびに「愛してるよ」。(みちる・女・24才)
ペンパルサイトで知り合ったベルギー人と2人で1週間の旅行!(masamac・女・27才)
ベルギー人の彼氏にはじめて会ったのは、外国人が集まる大阪(梅田)のバーでした。(NAO・女・35才)
恋愛体験談ネット交流海外生活
国際恋愛マニュアル