スウェーデンの大学留学※中国人の彼氏が出来た経緯、彼の愛が重すぎた・・・

スウェーデンの大学に留学中、現地で知り合った中国人男性とお付き合いしました。

当時私は20歳の学部生、彼は22歳の大学院生で、私が姉のように慕っていた中国人女性(以下:姉)の友人でした。初めて会ったのは、姉に誘われて行った彼の家で開かれたホームパーティーで、なんだか不思議な気持ちになったのは今でもよく覚えています。なんとなく「付き合うことになるかも?」と直感したのです。

ホームパーティーでは彼が何種類もの料理を振る舞い、5人(男性2人、女性3人)で仲良く食事をしました。私以外は中国人だったので主に中国語が飛び交っていたのですが、彼はしきりに私の様子を気にしてくれ、「大丈夫?」と何度も確認してくれました。食事のあとは、彼の部屋でおしゃべりタイム。姉が「この男性2人だったら、どっちがいい?」なんて話を振ってきました。彼はイケメンとは言えないけれど、体格がよく、表情も柔らかくて、外国人である私にも気を遣ってくれる人。もう一方の男性Aは、姉によると中国人が思うイケメンで、長身、自分に自信がありそうな人。当然、姉ともう一人の女性はAを選びました。けれど私は、食事中のAの振る舞い方が気に入らず、気遣いができて優しい彼を選びました。彼はものすごく照れるし、姉やAはからかうしで、いい雰囲気のままお開きになりました。


あっ、まだ、彼氏がいない人は、在日外国人が多い『FBOMIAI』みたいなアプリを使ったほうがいいと思いますよ。(←ちょん・40才)



その後、姉が彼と会うときは必ず私も呼ぶようになり、3回ほど会ったのち、告白されました。もちろん快諾し、お付き合いがスタートしました。
交際中は昼夜問わず、毎日1~2時間おき!?くらいの頻度で電話がかかってきました。内容は「今何してる?」なんて他愛もないこと。本当に「声を聞く」ためだけに電話してきているようでした。交際開始翌日に買い出しに行ったようで、彼の部屋に行くと私用の歯ブラシ、タオル、パジャマをすでに用意してくれていて、2人で食事がとれるようにとかわいいテーブルまで購入していました。寝る前には、中国語で「おやすみ、ぼくの宝物」なんて言葉を毎日かけてくれ、「留学後は僕が日本で働くよ」なんてことまで言ってくれました。

非常に幸せな時間でしたが、まだ20歳の私には、彼の愛は重すぎました…。「好き」の度合いが違いすぎて、しばらくして破局。彼の想いに応えられなかったことは今でも残念だったなぁ、と思います。彼とは今もたまに連絡を取り合い、人として尊敬しています。



おすすめ恋愛体験談
短期留学中、アメリカ人に英語で告白された!会うたびに「愛してるよ」。(みちる・女・24才)
ペンパルサイトで知り合ったベルギー人と2人で1週間の旅行!(masamac・女・27才)
ベルギー人の彼氏にはじめて会ったのは、外国人が集まる大阪(梅田)のバーでした。(NAO・女・35才)
恋愛体験談ネット交流海外生活
国際恋愛マニュアル