スウェーデンの大学留学中にスペイン人男性とのセックスを体験した!

相手はスペイン人で、留学先のスウェーデンの大学で出会いました。

私の留学していた大学には、アジアとヨーロッパから半年もしくは一年だけ留学に来る学生が多くいました。

留学を始めた頃は、英語の能力の不安もあり、日本人やアジア人と一緒にいることが多かったです。

しかし、1・2ヶ月がたち、このままではせっかくの留学が狭い範囲だけでの交流で終わってしまうと思い、数少ないヨーロッパの友達たちとも過ごす時間を増やしました。

その頃集まっていたコミュニティで出会ったのが、スペイン人の彼です。第一印象は、ピアスをつけて、タンクトップを着ていたので、少し怖かったのですが、とてもおしゃべりで、英語があまり話せず困っている私にも積極的に話かけてくれていました。

出会って1ヶ月くらいが経った頃、私と彼のいるコミュニティで近くにあるクラブのパーティーに行きました。

はじめはみんなで楽しんでいたのですが、酔っ払った見知らぬ人に私が手を引っ張られてつれて行かれそうになったとき、彼が必死に私を止めてくれました。

彼はその後も私が変な誘いを受けないように守ってくれていました。

だいぶ踊って疲れたころに、彼から「一緒に部屋に飲みに行かないか。」と誘われました。


あっ、まだ、彼氏がいない人は、在日外国人が多い『FBOMIAI』みたいなアプリを使ったほうがいいと思いますよ。(←ちょん・40才)



二人でクラブから抜け出して、彼の部屋に行き、二人でお酒を飲みながら色々な話をしました。

正直、スペイン人なので、すぐに手を出されるかな?と思っていたのですが、その日は何もされず、ただ二人で一緒にベッドで寝ました。

その後、二人っきりでデートを何回かしました。日本式ではここで告白をしてもらって、付き合いが成立しますが、スペイン式だと長く一緒に過ごし、色々なことをしないと付き合えないみたいで、2ヶ月ほどが経ち、ようやく公式に付き合うことになりました。

今は、お互い帰国してしまい、時差も約半日近くありますが、なんとかテレビ電話で繋がっています。

彼が少し日本語を話せるようになったのも嬉しいことです。

国際恋愛は、距離もあれば、お互いの育ってきた環境の大きな違いもあります。

けれど、会えない時間がより会いたい気持ちを強くしてくれますし、価値観の違いは毎日の新しい発見につながるので、なかなか飽きません!

それに国が違っても、結局はお互いの性格が関係を築いていくので、あまり国が違うからといって、相手のことを理解できないかもしれないと考える必要はありませんよ。



おすすめ恋愛体験談
短期留学中、アメリカ人に英語で告白された!会うたびに「愛してるよ」。(みちる・女・24才)
ペンパルサイトで知り合ったベルギー人と2人で1週間の旅行!(masamac・女・27才)
ベルギー人の彼氏にはじめて会ったのは、外国人が集まる大阪(梅田)のバーでした。(NAO・女・35才)
恋愛体験談ネット交流海外生活
国際恋愛マニュアル