カナダ人のイケメン・プレイボーイにナンパされて人生変わった!逆ナンできるようになった!

カナダのバンクーバーでカナダ人のプレイボーイにナンパされて結果人生変わった話です。

今から約二年前、私はカナダのバンクーバーでワーキングホリデー中でした。語学学校を卒業し、やっとゲットできたレストランの仕事にも慣れ始めたころでしたが、想像とは違いなかなかカナダ人の友達ができず少し退屈な日々を送っていました。

あれは8月のとある平日、ダウンタウンのメインストリートを歩いているところでした。

前方から背の高い人影がこちらに向かって歩いてくるのに気が付きました。身長は185cm超え。顔をちらっと見るととってもイケメン。正直これまでバンクーバーでお目見えした白人のお兄さんのなかでもいちばんを争うイケメンでした。

その顔つきに戸惑いながらも平静を装って通り過ぎようとすると、”やあ、とってもかわいいね。日本人?”と声をかけられました。

151cmの私のことを上のほうからながめ、笑みを浮かべ話しかけてくる彼。握手を求め手をさしだし、”ぼくはジョシュです”と日本語で挨拶してきました。

そして英語で、”今日本語を教えてくれる先生を探しているんだけど” とのこと。何とも都合の良いナンパ手段です。海外でイエローキャブと呼ばれ、声をかけるとすぐにひっかかると巷で言われている日本人女性の印象。私もそれを重々承知でした。


あっ、まだ、彼氏がいない人は、在日外国人が多い『FBOMIAI』みたいなアプリを使ったほうがいいと思いますよ。(←ちょん・40才)



しかし、当時日本語教師のボランティアをしていた私にとって、日本語の先生になってと頼むこの彼をなぜか無視できませんでした。

それにもし友達になれたら英語がうまくなるかも。カナダ人の友達がもっと増えるかも。そんな腹黒い理由で私はナンパ男ジョシュと連絡先を交換したのでした。

それから数日は忙しく連絡していませんでしたが、週末とあるバーでジョシュの誕生日パーティーに招待され、行ってみることに。想像は当たり、他にも数人の日本人女性が来ていました。

”ジョシュはいい人だけど、かなり日本人好きだから注意してね”

彼はやはり日本人をターゲットにナンパを繰り返すプレイボーイのようです。

驚きと戸惑いはありましたが、カナダという異国でこんな人に出会うのもいい経験だと楽観的にとらえ、お酒の力も借りて参加していた彼の友人に声をかける自分がいました。

そのとき自分から声をかけた彼の友人が、私の彼氏です。

あれから早くも2年、ジョシュは相変わらずプレイボーイですが、今でも私の良い友達です。

今となってはあの時私をナンパした彼のおかげで彼氏もゲットできたし、カナダの永住を夢見て頑張る今の私がいるのかなと少しだけ感謝しています。



おすすめ恋愛体験談
短期留学中、アメリカ人に英語で告白された!会うたびに「愛してるよ」。(みちる・女・24才)
ペンパルサイトで知り合ったベルギー人と2人で1週間の旅行!(masamac・女・27才)
ベルギー人の彼氏にはじめて会ったのは、外国人が集まる大阪(梅田)のバーでした。(NAO・女・35才)
恋愛体験談ネット交流海外生活
国際恋愛マニュアル