韓国人の彼氏の作り方※28歳で語学留学、居酒屋の店員を落とした私の方法

私が出会ったのは留学先で出会った韓国人男性です。

今から約4年前の事です。

元から韓国に旅行するのが大好きで地元で仕事をしながら韓国語を習っていました。

30歳を目前にして恋人なし、もちろん結婚の予定もなし。このまま三十路を迎えるのはもったいない!!

どうせなら長い人生のほんの少しくらい現実から抜け出しやってみたいことやっちゃおう!!・・・ということで、28歳にして人生最後の「バケーション」と称して3か月の期限付きで語学留学のため日本から韓国へ飛び出しました。

留学生活開始から2週間経ったときのことです。

海外で生活すれば誰もがぶち当たるであろう食文化の違いに私も少々疲れていました。

口にしなくても飲食店に入ればサービスでキムチを出してもらえます。

旅行で来たら美味しく食べられるキムチですが、あの時は日本の味が恋しくて食欲をなくしていました。

そんな時、同じ語学スクールに通う日本のお姉さまに日本食を食べに行こうと誘われました。

韓国には日本式の飲食店が本当に沢山ありますが、ここに行こうと決めていたわけではなく、宿所からブラブラ歩きながらフラッと立ち寄った居酒屋に彼がいました。

お店の中はほぼ満席で私たちはカウンター席に案内されました。

カウンターの中で焼き鳥を焼いている彼。

特に気に留めてはいなかったのですが、食事をしていると私たちの会話が聞こえたのか彼が「日本人ですか?」と日本語で声をかけてきました。

発音が良かったので私も「日本人ですか?」と聞き返してしまったほどです。

その時は日本が大好きだと言いながらカウンター越しにお話しをして、久々の日本の味に大満足して帰りました。

1か月後、またしても日本の味が恋しくなり彼のお店が思い浮かび再び訪れました。

その日はまだ開店したばかりで私たちが最初のお客さんでした。


あっ、まだ、彼氏がいない人は、在日外国人が多い『FBOMIAI』みたいなアプリを使ったほうがいいと思いますよ。(←ちょん・40才)



すると厨房からあの時の彼が出てきて「前にも来てくれたよね。」とたったの1回、ほんの2時間くらいしかいなかった私を覚えていたのです。

「韓国語の勉強にもなるからたくさんおいでよ。水だけ飲みに来てもいいよ。」と言われたのがきっかけとなり、その後はちょくちょく通うようになりました。

韓国人男性はとにかくわかりやすくアプローチしてくれます。

肉食系スイーツ男子とでも言いましょうか。漫画かドラマでしか聞いたことのないようなセリフでドキッとさせてくれます。

はたまた軍隊仕込みのがっちりした腕にも正直目が行ってしまいました。肉食系と言っても決して俺様系ではなく基本レディーファーストで優しいです。

もちろん人によりけりでしょうが彼はそうでした。

韓国語の勉強も生活も楽しく、留学生活を3か月延長することに・・・そして、長くは続かないかもしれないことを覚悟の上で彼との交際をスタートさせました。

最初は順調でも付き合っていたらケンカをすることもありました。

日本語が上手とはいえ、微妙なニュアンスで意志の疎通に失敗したり、結婚しないかぎり遠距離になることへ対しての不安などお互いのイラつきをぶつけ合ったものです。

まあ、主に私がぶつけてたのですが、その度に話し合おうと言ってくれました。

国際カップルの大変なことは言葉の壁、文化の壁が大きいように思っていましたが、今となって実際はお金の問題が一番大きいというのが私の考えです。

なぜかというと一緒に居たければどちらかが国境を越えていかねばならないということです。正直交際の時間が長ければ長いほど費用がかかります。

お高いの両親の理解を得るのも一苦労です。

そんなこんなではありますが現在3年の交際を経て彼は私の旦那様となりました。

今は長い遠距離を終えて韓国で幸せに専業主婦をしてます。



おすすめ恋愛体験談
短期留学中、アメリカ人に英語で告白された!会うたびに「愛してるよ」。(みちる・女・24才)
ペンパルサイトで知り合ったベルギー人と2人で1週間の旅行!(masamac・女・27才)
ベルギー人の彼氏にはじめて会ったのは、外国人が集まる大阪(梅田)のバーでした。(NAO・女・35才)
恋愛体験談ネット交流海外生活
国際恋愛マニュアル